【c#】configファイルのデータを読み込む方法

Configファイルのデータをプログラムコードから読み込む方法を紹介します。
VisualStudioを使ってプログラムを書いている方向けです。

Configファイルへのデータ入力

1.ソリューションエクスプローラーから、“App.congig”を選択します。

1の説明画像

※ソリューションエクスプローラーが表示されていない方は、[Ctrl]、[Alt]、[L]を同時押しして表示させてください。

2.下記の箇所に、“<appSettings>”タグを記述します。

2の説明画像

3.下記の画像を参考に、1.2で記述した“<appSettings>”タグの中に<add>タグを記述してください。<add>タグの中には、key属性とvalue属性を入れ、これらの属性にプログラムコードから取得させたい値を入力しておきます。

3の説明画像

アセンブリ参照(dll参照)の追加

1.ソリューションエクスプローラーの”参照”を右クリックし、[参照の追加(R)…]をクリックしてください。

1の説明画像

2.下記の画像を参考に、“System.Configuration”の左横にチェックをつけ、[OK]をクリックしてください。

2の説明画像

プログラムコードの記述

ConfigurationManager.AppSettings.AllKeysメソッドを使用してConfigファイルの内容を読み込むことができます。
Congifから読み込んだデータは、Dictionaryを使うと扱いやすいです。

System.Collections.Generic.Dictionary<string, string> SetConfig = new System.Collections.Generic.Dictionary<string, string>();
foreach (string key in System.Configuration.ConfigurationManager.AppSettings.AllKeys)
{
        SetConfig.Add(key,System.Configuration.ConfigurationManager.AppSettings[key]);
}
foreach (System.Collections.Generic.KeyValuePair<string, string> pair in SetConfig)
{
        //取得したデータをメッセージボックスで表示します。
        //ここは適宜修正して使用してください。
        MessageBox.Show(pair.Key + " : " + pair.Value);
}
タイトルとURLをコピーしました