【経験談】会社を辞めるべきか迷ったときにどうすべきか

転職
会社を辞めるべきか悩んでいる人
会社を辞めるべきか悩んでいる人

会社を辞めたいけど辞めるのが怖い・・・。
転職先がブラック企業だったら、転職したことを後悔するだろうな。
どうすればいいんだろう・・・。

本記事ではこういった方向けに、会社を辞めるべきか迷ったときにどうすべきかまとめました。この記事を書いている筆者自身、本当に会社を辞めるべきなのかを相当に悩んだ経験があります。

悩みぬいた結果、会社を辞めるべきという結論にいたったのですが、どういうふうに会社を辞めるべきか考えていったのかを自身の経験を踏まえながら紹介していこうと思います。

なぜ会社を辞めたいのか明確にする

まず会社を辞める目的を考えてみたほうがいいと思います。不満があるのなら何が不満なのか?その不満は今いる会社では打開することができないのか考えてみた方がいいと思います。

もし打開案が出てきたのなら、明日からでもそれを試してみるといいと思います。辞めようか迷っている会社であれば思い切った取り組みもしやすいはずです。まずは本当に今の会社でダメなのか考えてみましょう。

紙に書いたり、ワープロやマインドアップにまとめてみるといいと思います。
マインドマップを作るならXmidが無料なのでおすすめです。下記リンク先からインストールできますので紹介します。

ダウンロード | XMind

本当に辞めるべきかぎりぎりまで考えるべき

一度会社を辞めたらもうその会社に戻ることは少ないと思います。

「戻ってきたかったら戻ってきていい」などの温かいお言葉をかけてくれる方も中にはいると思いますが、そこまで言ってくれるようなケースは稀だと思います。

会社を本当に辞めるかどうかは時間をかけてぎりぎりまでじっくり考えたほうがいいです。

筆者は下記のようなことをしながら考えました。

  • 紙やワープロに思っていることを徹底的に書く
  • 会社を辞めたことを後悔しそうか、会社を辞めなかったことを後悔しそうか考えてみる
  • 会社を辞めたときに起こりうるネガティブなことを考えてみて、それが起こりうると分かったうえでも会社を辞めたほうがいいという結論になるか考えてみる
  • 会社を辞めたときのメリット・デメリットをそれぞれを考えてみる
  • 散歩

特に直属の上司への交渉が終わってその後に社長からの引き留めがあったときには、「本当に辞めていいのか」というところを何度も何度も考えました。

辞めるべきかどうかは、ぎりぎりまで入念に考えたほうがいいです。軽い決断ではないはずです。

特に新卒で入社した会社であれば、それだけで中途入社で入った人よりも優遇される場合もあると聞きますので慎重に検討したほうがいいです。

会社を辞める時は軽い気持ちではなく、ある程度は腹を括らないといけないと思います。

合同企業説明会に参加してみる

転職サイトや転職エージェントが主催している合同企業説明会(転職フェア)に参加してみて、各企業の採用担当の方とお話ししてみると良いと思います。

筆者自身この経験を通して、「場所を選ばなければどこかしらの会社様から内定は頂けるんじゃないか」という感覚になることができました。こういう気持ちになれると心強いです。

筆者はdodatypeが主催している合同企業説明会に参加したのですが、場合によっては転職エージェントに職務経歴書などをお渡しし、転職して他社で通用しそうか相談してみるのもよいと思います。

次の仕事を決めずに会社を辞めるのが不安なら

激務などで転職活動をする余裕がなく、転職をするなら次の職場を決めないまま辞めざるを得ない方もいるかと思います。

次の仕事を決めずに辞めた場合は、転職活動中に不採用が続き、なかなか次の仕事が決まらないというケースも考えられます。

そういう場合は対処方法として、下記が考えられます。

  • 雇用保険を受給する。(自己都合退職の場合は支給が開始されるのは3ヵ月後から最大で3ヵ月間となるので、少なくとも3ヵ月は生活できる資金が必要です)
  • アルバイトをしながら転職活動をする。
  • 一時的に配偶者に頼る。(ご結婚されていて夫婦で共働きの場合に限ります)
  • 休職してその間に転職活動をする。(手当が支給されるかどうかは会社によるかと思いますので各自で確認をお願いします)

貯金がなく、会社を辞めると生活できなくなる場合は今の職場で貯金を貯めてから辞めるという考えもあるとは思いますが、パワハラや深夜残業が当たり前のような職場で心身が疲弊しているような状況であれば早めに会社を辞めることをおすすめしたいです。

心身の健康はすべての土台であって、最優先すべきと思います。

こういう状況に備え、日頃から生活防衛資金(失業しても大丈夫なように一時しのぎできる資金)を準備しておくことをおすすめしたいです。

最後に

経験を基に会社を辞めるべきか迷ったときにどうすべきかまとめました。

職場への不満から転職を検討しているの方などに該当すると思いますが、場合によっては勇気を出して周囲がしていない選択もしていかないといけないときもあると思います。嫌なことを我慢し続けていれば報われるとは限りません。

その結論が必ずしも転職だけというわけではないと思いますので、ご自身なりの結論をみつけていただければと思います。

本記事がお役に立てば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました