【経験談】客先常駐のメリットとデメリットを解説

客先常駐
IT業界を志望している人
IT業界を志望している人

IT業界での就労を希望しているけど、客先常駐という働き方はやめたほうがいいのか?客先常駐に対してのデメリットをよく聞くけど、経験者の観点から客先常駐のメリットやデメリットを聞いてみたい。

本記事ではこういった方向けに、客先常駐という働き方に対してのメリットやデメリットを筆者の経験を基に考察しました。

IT業界を志望している方はよく「客先常駐」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。そして、「客先常駐はやめておけ」や「客先常駐は使い捨てだ」などの客先常駐に対するデメリットを耳にすることが多いと思います。

ネットなどで出回っている客先常駐のデメリットが事実であれば一理あるなと感じるのですが、僕自身が客先常駐を経験した中で客先常駐という働き方はそこまで悪い業務形態には感じませんでした。

本記事では僕自身の経験を踏まえながら客先常駐という働き方についてのメリットとデメリットを考察していきたいと思います。

そもそも客先常駐とは

客先常駐とは、労働者が顧客の職場で業務を行うことを指します。

始業時間から就業時間までずっと顧客の職場に在籍して業務を行います。基本的に自社の職場で業務を行いません。

だいたい1年~3年ほどのスパンで常駐先が変わることが多いです。

客先常駐のデメリット

リーダーとして請負契約の案件を担当できない

客先常駐をしている場合、請負契約の案件を自分がリーダーとして担当することができません。

請負契約の案件を自分がリーダーとして担当できれば、契約書や見積もりの作成、打ち合わせなどの顧客折衝や、スケジュール作成、人員の配置など、技術面を含め自分の裁量で案件を進めていくことができます。

請負契約の案件を自分がリーダーとして担当することには客先常駐では経験できない難しさややりがいがありますので、大幅なスキルアップが見込めると思います。

客先常駐をしている場合は自分がリーダーとなって請負案件を担当することができないので、この点がデメリットとして挙げられます。

スキルアップし辛い職場に就労することがある

参画する案件によりますが、雑務ばかりをすることになる職場もあると思います。

聞いた話によると、プログラミングなどの開発技術は経験できず、サーバーで不具合が起きたときにサーバー室の鍵を開けて係の人を部屋に案内したりするなどの業務をする職場もあるようです。

実際にその職場へ参画してみたことはないので断言することはできませんが、そういった業務をしてもあまりスキルが上がることはないのではないかと感じています。

雑務ばかりだとスキルが上がることはなくただ年齢だけを重ねていくことになりかねず、参画する職場によってはご自身のキャリアにリスクを背負うことになりかねません。

会社を辞め辛くなる

客先常駐という働き方の最大のデメリットは会社を辞め辛くなることだと思います。

筆者自身、常駐元の自社に不満があり会社を辞めたかったのですが、そうすれば常駐元の自社と顧客の取引関係に悪影響を及ぼしてしまうのではないかという考えからなかなか退職に向けて動くことができませんでした。

また、お客様も長期的な視点をもって客先常駐する人材を受け入れてくれることがあるので、会社を辞めて常駐先から撤退することに罪悪感を感じることになると思います。

客先常駐する業務形態の会社へ入社するにあたってはこういったことを想定しておいたほうがいいです。

よく耳にする客先常駐のデメリットに対しての所感

周囲がお客さまばかりというのはデメリットとは限らない

「客先常駐している人材はお客さまにとって自分の会社の人間ではないから構ってもらえない」という意見をデメリットとして見聞きしますが、基本的にそんなことはないと思います。

お客さまの立場からしても、客先常駐している人が困っているなら助けたほうが自分の会社の利益になることは明らかなので問題点や要望を整理して助けを求めれば手を差し伸べてくれるはずです。

お客さまに対し困っていることだけを話し根本的な対策を考えてもらうような相談の仕方はやめるべきですが、問題点や要望を明確にして相談すれば普通は対応していただけるはずです。

また、これは稀なケースであることを承知のうえでお話しするのですが、僕は常駐元の自社の上司から業務の妨害をされたことがあります。

こういったケースもありますので、周りの方々が皆お客さまだからといって必ずしもデメリットとは限らないと思います。

単純作業は多くない

よく客先常駐のデメリットとしては単調な作業が多いと言われますが基本的にそんなことはないと思います。

これは自分じゃなくてもできる作業だなと感じる仕事を依頼されることもありましたが、基本的にはそのようなことは少なく自分なりに考え主体的に動かなければ終わらせられないような業務が多かったです。

それに単調な作業で良いならもっと賃金が安く済むアルバイトの方などに依頼すればいいはずで、月々で最低でも50・60万は支払っている人材に対して単調な作業ばかり依頼するのはコスパが悪すぎです。

「客先常駐は単純作業が多い」というデメリットをよく聞ききますし、筆者自身がそういった経験がなかっただけなのかもしれません。しかし上記のような実情があるはずです。

客先常駐のメリット

色々な職場で就労できる

客先常駐をすると1~3年ほどの期間で職場が変わることが多いので、いろいろな職場を見て回ることができます。

そしてそれぞれの職場の制度や文化を知ることができます。主体的に動けば人脈を広げる機会も多いはずです。

また、いろいろな職場を周れるので、その都度新しい技術に触れることがメリットとして挙げられます。

ノルマを達成しやすい

基本的に客先常駐している場合はご自身が働いた時間によって自社への売り上げが計上されます。

成果を出して契約が更新される必要はあるものの、時間給なので働いた時間で自社への売り上げが計上される(準委任契約または派遣契約)ので、例えば少し進捗が遅れたとしても自分の売り上げが落ち込むことはありません。(お客さまにご迷惑をかけてしまうことにはなりますし、大幅な進捗の遅れは契約の終了につながりかねませんが・・・)

一方で自社で行う開発業務は基本的には労働時間ではなく、成果物の品質を基準に成果報酬が支払われる契約(請負契約)の案件です。

成果物を基準に自分の売り上げが決まるので、先ほどの例でいうと進捗が遅れると自分の売り上げが落ち込んでしまいます。

筆者が勤めていた会社では、請負契約の受注金額に自分の進捗をかけた数値を「出来高」として各社員が毎週どれだけの収益を出したか集計していました。(※「出来高」の集計がすべての会社で行われているわけではないです)

そして、月初に上司が設定した予測値を達成できなかったときは集計画面が赤字で表示されました。

ノルマを達成できなかったら精神的に苦痛で、毎月プレッシャーがかかります。

客先常駐の場合であっても、成果を出して契約を延長してもらう必要はありますし自社を代表して取引先の会社に常駐することになるので責任は大きいですが、労働時間を基準に売り上げが決定する契約なので、契約延長をしてもらえさえすれば月々のノルマを達成することができます。

このように自分の売り上げの計上という意味では客先常駐は比較的楽なことがメリットとして挙げられます。

入社の難易度が低め

客先常駐の業務形態の会社への入社難易度は、自社で開発を行っている会社と比べると低いことがメリットとして挙げられます。

ただ、スキルアップし辛い現場に参入することもあると思いますので、入社後は自分から主体的に何をやりたいか要望を出していかなければならないときもあると思います。

しかしながら未経験からIT業界へ参入を志望している方は、その第一歩として客先常駐の業務形態の会社にするのはいい選択だと思います。

さいごに

本記事では僕の経験を踏まえながら客先常駐という業務形態のメリットとデメリットを考察してみました。

客先常駐で働くことには一長一短な部分はあるものの、一概に悪いといえる業務形態ではないと思いますので参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました